Point of production company selection制作会社選定のポイント

これは当方の”(発注者側としての)業者選定における失敗経験”に基づいた見解なのですが、見積もり価格や会社の規模、知名度以上に、重視すべきポイントが2つあります。

YESマンではなく、NO(対案)を示す提案力がありそうか
制作実績とディレクション実績

以下にそれぞれ述べていきます。

YESマンではなく、NO(対案)を示す
提案力がありそうか
Webサイト制作においては、サイトを実際に利用するユーザーの視点こそが最も重要です。  デザインはもちろんのこと、肝心のコンテンツについても、「自分がユーザーだったらどう感じるか」 という視点で検討していくことが、我々制作会社にも求められています。
ユーザーの視点を無視した独りよがりのサイトにしないためにも、クライアント様の要求を、プロとして客観的な立場から汲み取った上で、それが制作目的に照らして的を射ていないと思われる場合には、忌憚なく対案を示してくれそうか。
YESマンの制作会社は、「ともかく指示通りに仕上げてくれればよい」といえるくらいに要求仕様が明確な場合以外は、避けたほうが賢明です。
制作実績とディレクション実績
制作会社の能力を測る上で、最も重視すべきポイントがこちらです。
とりわけ、クライアント様と制作スタッフの橋渡し役となる担当ディレクターがどれだけ クライアント様の業界に精通しているか、という点は最重要です。
同業他社のサイト分析を踏まえた上でのサイト構成やコンテンツにおけるアイデア等、担当ディレクターの経験の有無がサイトの出来栄えを大きく左右すると言っても過言ではありません。
弊社では、まさに御社の業態に近いクライアント様のサイト制作実績を有しているディレクターを担当としてアサインさせていただきます。 

Web制作選定における注意点について

提案時
戦略的な話がなく、最初からデザイン案を出してくる。 ディレクターによる取材後ではないと、仕様が未確定な為、デザインできません。
都合の良いことばかり言って、実際の内容とは異なる。 お見積書・ご発注書に作業項目を細かく記載する為、水掛け論にはなりません。
制作中
校正、素材をお客様にご用意させる。 弊社の数多くの実績をもとに最善なものをご提案いたします。
デザインの修正回数に制限がある。納得の出来ないHPで納品されることに・・・ こちらがあると本当に満足するものは得られません。
制作後
修正の費用が高い、また対応に時間がかかる 予めスポット修正の料金表をご提示しております。基本即日対応します。
サイトを作ったのはいいが、成果に繋がっているのかが不明・・・ アクセス解析は標準でお付けしますので、結果がリアルタイムで把握出来ます。
デザインデータは渡せない、あるいは別料金と高額な請求がある・・・ デザインの著作権は御社に帰属しますと契約書にも記載させて頂いております。
サーバやCMSのパスワードなどセキュリティ情報が外部に漏れる・・・ 弊社はセキュリティ規格であるISMS(ISO27001)を取得しており、徹底したセキュリティ管理を行っております。

pagetop

お問い合わせ